スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

昔語り。

たぶん内容つまんないと思います。無駄に長いしさ。爆


枢は子供時代、あまりアニメ…というかTV自体ほとんど見ずに育ちました。
漫画も小学生の頃はほとんど持たせてもらえなくて
ドラえもんと、アラレちゃんの古本を、巻数ランダムで数冊づつという状態。

あの均一な太さの、滑らかな曲線で描かれたキャラ達を見るたび、
「こんなの人の手じゃ描けない!何か機械でも使って書いてるんだ」
・・・と本気で思っておりました。

そんなお手本の乏しい幼少時代でも、よく絵は描いてたわけですが、
中学時代は友達同士で漫画の回し読みをする機会が多かったので、
来るもの拒まず、色んなジャンルの漫画をむさぼる様に読みまくりました。

で…気がつくと、友人知人は漫画描きが趣味とかの人ばかりになってた。笑
皆かなり上手かったので、私もそれに触発されてちまちま絵を描いてました。
授業の合間も、ノートにラクガキ三昧。その合間にラクガキ消して板書。
これぞ会心の出来!という絵が描けたら、そのページを破って持ち帰る。笑

もともと賢くない上に、そんな授業態度でマトモな成績が取れるわけもなく、
当然ながら成績は常にどん底をキープしておりました。

そんな、3度の飯より漫画とラクガキが好きな中学生でしたが
自分で漫画を描くには至らず、もっぱらイラストオンリー。
よく行っても、友達と合作の小説にイラストを描く程度でした。

それで「高卒で漫画家になる!」とか言ってたんだから凄い。笑

つづく↓
スポンサーサイト
category
WEBLOG
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kanameblog.blog66.fc2.com/tb.php/111-41850f66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。